スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多摩情報ランキング

【FC東京】東京総力戦で逆転11大会ぶり4強/天皇杯 

赤嶺2ゴール!FC東京“8強の壁”破るスポニチ
東京総力戦で逆転11大会ぶり4強/天皇杯nikkansports.com
東京が総力戦で逆転勝ちを収め、ベスト4入りした。前半25分、ペナルティーエリア内でのハンドで相手にPKを与え、先制点を献上した。それでも後半開始早々の4分、MF鈴木達也がペナルティーエリア内で倒されて得たPKを、FW赤嶺真吾が決めて同点。さらに、1分後、再び鈴木の右サイド突破を起点に、ゴール前でラストパスを受けた赤嶺が右足で蹴り込み、勝ち越した。

終盤は清水の猛攻に苦しんだが、城福浩監督は後半39分、先発出場した長友佑都、茂庭照幸、佐原秀樹、徳永悠平の4バックに加えて、DF藤山竜仁を右MFで投入。同41分には、相手のパワープレー対策としてFW平山相太を左MFに入れる守備固めで、追加点を許さなかった。

東京の天皇杯準決勝進出は、クラブの前身、東京ガス時代(JFL)の97年度以来、11大会ぶり。Jリーグ加盟後では初だ。今季J公式戦で1分け3敗と苦手だった清水を倒し、城福監督は「4試合勝てていない相手だったし、(クラブ名が)FC東京になってからベスト4に入ったこともなかった。この試合が大きな壁だった。選手たちは強い気持ちでやってくれたし、交代選手を含めて、みんなが責任を全うしてくれた」と手応えを口にした。

今シーズン、リーグ・ナビスコ杯で4戦やって、1分3敗と勝ててなかっただけに、嬉しい勝利。次は29日、柏戦。「元旦国立・ACL」を目指し頑張って欲しい。

第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会

スポンサーサイト
多摩情報ランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamanews.blog55.fc2.com/tb.php/66-a4f59538

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。