スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多摩情報ランキング

【立川】信玄が使ったトイレや力士用便器-TOTOショールームに「トイレ博物館」 

信玄が使ったトイレや力士用便器-TOTOショールームに「トイレ博物館」立川経済新聞
TOTO立川ショールーム(立川市幸町、TEL 042-537-1010)に1月8日、期間限定で「トイレ博物館」をオープンした。

2007年に創立90周年を迎えた同社。「便器メーカーとして当社のブランドはある程度確立できたという自負はあるが、社内外でトイレの歴史や知識はまだまだ浸透していない。本社(福岡県北九州市)にはTOTO歴史博物館があり、もっと幅広くさまざまな地域の方々にトイレに関心を持っていただきたいと、博物館のコレクションを各地域で展示を始めた」(同社立川エリアグループの森さん)。

明治期から現在までの代表的な便器、両国国技館でも採用されている通常の便器よりも一回り大きい「力士用便器」、女性用立ち小便器など、同館のコレクションを中心に展示。弥生時代の川屋、平安時代の樋箱(おまる)、水戸光圀の杉の葉入り小便器などのミニチュア模型の展示や、トイレの歴史もパネル展示も行う。

さらに、戦国武将である武田信玄が戦略を練る際に使用していたと言い伝えられる「御閑所」を4分の1サイズのミニチュアで再現するほか、世界のユニークなトイレ事情も併せて紹介。「特に社員が出張の際に少しずつ買いそろえた世界のトイレットペーパーは必見」(同)とも。
  • 日程:1月8日(木)~1月27日(火)
  • 時間:10時~18時

2006年に新宿で開催されたトイレ博物館の様子はこのような感じです。(⇒おしりだって洗ってほしい「TOTOトイレ博物館」【東京】 :日本珍スポット100景-B級スポット観光ガイド-

「トイレ博物館」のご案内

スポンサーサイト
多摩情報ランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamanews.blog55.fc2.com/tb.php/163-4d9904d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。