スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多摩情報ランキング

【立川】命の大切さ訴え 立川で映画「余命」特別試写会 

命の大切さ訴え 立川で「余命」特別試写会MSN産経ニュース
女性の健康フォーラムなど地域に密着した予防医学を推進しているNPO法人マザーシップ(井上裕子代表)が29日、立川市の映画館で乳がんと妊娠をテーマにした映画「余命」(生野慈朗監督)の特別試写会を開催する。

映画を通じて命の大切さを訴えようと、マザーシップが昨年11月に初めて開いた「Movie In Education」(M・I・E)の第2弾。2月7日に全国公開される「余命」を先行試写し、合わせて同市内で産婦人科医として活躍する井上代表のトークも行われる。

映画は松雪泰子主演。椎名桔平ら出演。38歳の女医が結婚10年目に妊娠した直後、結婚前に患った乳がんが再発。出産か、治療専念か。原作は谷村志穂の同名小説。

会場は、シネマシティかシネマツー。70人(ペア85組)招待。応募はM・I・E参加希望と明記し、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、1人で参加の場合は参加1人と記入し、はがきで〒190-0013立川市富士見町1の26の9、NPO法人マザーシップ事務局か、メール(mail:event@inoue-ladies.jp)。22日締め切り。応募多数の場合は抽選。

NPO法人マザーシップ
映画「余命」公式サイト
「余命」谷村志穂

スポンサーサイト
多摩情報ランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamanews.blog55.fc2.com/tb.php/158-0e68d542

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。