スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多摩情報ランキング

【その他】2035年推計人口 多摩地区13市人口増へ 稲城伸び率27%、全国5位 

多摩地区13市人口増へ読売新聞
2035年までに全国の約98%の市区町村で人口が減少する中、多摩地区は13市で人口が増加することが、国立社会保障・人口問題研究所がまとめた市区町村別の将来推計人口でわかった。

将来推計人口は、05年の国勢調査と過去の人口動態などを踏まえ、同研究所が35年までの姿を推計したもの。5年前の前回に続き、市区町村別の推計を実施した。対象は12月1日現在の1805自治体。

多摩地区では05~35年に、稲城市(27・1%増)、府中市(17・7%増)、国分寺市(13・4%増)、町田市(12・7%増)、西東京市(9・9%増)など13市で人口が増加すると推計されている。

稲城市の増加率は全国5位で、35年の人口は9万7224人に上ると推計された。市政策室によると、市内では近年、大型マンションの建設が相次いでいる。多摩ニュータウンの後発地域で開発の余地が残っており、緑が豊かで新宿まで電車で約40分という"地の利"もあるという。市は受け入れ可能な人口を10万5000人とみており、推計は「想定の範囲内」としている。

一方、05~35年に人口が41・6%減少し、65歳以上の割合が59・9%に上昇すると推計されたのは、檜原村。村では新規流入を増やそうと、村営住宅16棟を安価な家賃で若い世代に提供しており、来年3月には、村議会定例会に企業誘致条例を提案する予定だ。

このほか、奥多摩町(56・5%減)、日の出町(27・7%減)、福生市(11・9%減)など16市町で人口が減少すると推計されている。

増加傾向の各市は再開発も進んでるところや、計画のあるところ。

国立社会保障・人口問題研究所

スポンサーサイト
多摩情報ランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamanews.blog55.fc2.com/tb.php/134-003ec172

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。