スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多摩情報ランキング

【その他】稲城大橋有料道路を来年度末をめどに無料化 

都:09年度予算 稲城大橋を無料化へ-知事査定毎日jp
都の来年度予算編成を巡る石原慎太郎知事による8日の知事査定で、多摩川にかかる稲城大橋有料道路について、来年度末をめどに無料化する方針を決めた。

稲城市と府中市を結ぶ稲城大橋有料道路は95年4月に開通し、中央自動車道に直結している。普通車の通行料は200円。昨年7月に無料化実験をしたところ交通量が約5割増えたが、周辺の道路への影響は少なかった。このため無料化は可能と判断し、建設などにかかった借入金41億円を繰り上げ償還する。

東京都道路公社 - 稲城大橋有料道路

多摩情報ランキング

スポンサーサイト

【八王子】京王電鉄 南大沢駅前のフレンテ南大沢の2棟目を建設へ 

京王電鉄:2棟目の商業施設を南大沢駅前に建設へ毎日jp
八王子市の京王相模原線南大沢駅前に来冬、2棟目となる複合商業施設「フレンテ南大沢」がオープンする。新興住宅地として発展する駅周辺の魅力を高めようと、京王電鉄が建設を決めた。

「フレンテ南大沢」の第1号は07年7月にオープン。美容室やベーカリーショップ、洋菓子店がにぎわっている。今回は約30メートル離れた場所に地上5階建ての新館を建てる。テナントは飲食店など。北欧モダンのデザインを取り入れるという。

南大沢駅は88年開業。07年度の1日の平均乗降客数は5万6238人で、前年比6・1%増だった。フレンテは若い女性をターゲットに、京王が手がける複合商業施設。02年10月の仙川駅前を皮切りに、明大前駅など京王線沿線で計5施設が営業している。

南大沢駅前に複合商業施設「フレンテ南大沢」新棟を建設します
フレンテ南大沢

多摩情報ランキング

【三鷹】三鷹市立図書館:全5館、全サービスを自動化 リニューアルオープン 

三鷹市立図書館:全5館、全サービスを自動化 きょうリニューアルオープン毎日jp
三鷹市立図書館全5館(移動図書館を含む)が8日、本の貸し出しと返却、予約、資料検索のすべてを自動化し、リニューアルオープンする。サービスのすべてを自動化した図書館は全国的にも珍しいという。

5館は07年にシステムを一新し、インターネットで貸し出し予約が可能になった。今回は所蔵する75万点すべてにICタグを取り付け、貸し出しや返却、検索も自動化。利用者は館内の専用テーブルに本を置き、機械に個人用のカードを入れるだけで貸し出し・返却手続きが完了する。

7日には約60人が集まる内覧会が本館(上連雀8)で開かれ、清原慶子市長が「使い勝手がよくなり、さらに貸し出し数が増えればよいと思う」とあいさつ。実際に4冊の本を借りて見せた。市立図書館では三鷹市民に加え、周辺4市2区の住民も本を借りられる。

三鷹市立図書館トップページ

多摩情報ランキング

【立川】信玄が使ったトイレや力士用便器-TOTOショールームに「トイレ博物館」 

信玄が使ったトイレや力士用便器-TOTOショールームに「トイレ博物館」立川経済新聞
TOTO立川ショールーム(立川市幸町、TEL 042-537-1010)に1月8日、期間限定で「トイレ博物館」をオープンした。

2007年に創立90周年を迎えた同社。「便器メーカーとして当社のブランドはある程度確立できたという自負はあるが、社内外でトイレの歴史や知識はまだまだ浸透していない。本社(福岡県北九州市)にはTOTO歴史博物館があり、もっと幅広くさまざまな地域の方々にトイレに関心を持っていただきたいと、博物館のコレクションを各地域で展示を始めた」(同社立川エリアグループの森さん)。

明治期から現在までの代表的な便器、両国国技館でも採用されている通常の便器よりも一回り大きい「力士用便器」、女性用立ち小便器など、同館のコレクションを中心に展示。弥生時代の川屋、平安時代の樋箱(おまる)、水戸光圀の杉の葉入り小便器などのミニチュア模型の展示や、トイレの歴史もパネル展示も行う。

さらに、戦国武将である武田信玄が戦略を練る際に使用していたと言い伝えられる「御閑所」を4分の1サイズのミニチュアで再現するほか、世界のユニークなトイレ事情も併せて紹介。「特に社員が出張の際に少しずつ買いそろえた世界のトイレットペーパーは必見」(同)とも。
  • 日程:1月8日(木)~1月27日(火)
  • 時間:10時~18時

2006年に新宿で開催されたトイレ博物館の様子はこのような感じです。(⇒おしりだって洗ってほしい「TOTOトイレ博物館」【東京】 :日本珍スポット100景-B級スポット観光ガイド-

「トイレ博物館」のご案内

多摩情報ランキング

【国立】くにたちカードが「スイカ」「パスモ」利用の新カードに 

くにたちカードが「スイカ」「パスモ」利用の新カードに-幅広い活用を促進立川経済新聞
国立市商工会(国立市富士見台)は1月22日からポイントカード「くにたちカード」を交通系ICカード「スイカ」「パスモ」を利用した新カードに移行する。

新カードは従来のカードと同様、ポイントは、加盟店での買い物100円ごとに1ポイントがICカードに加算され、ポイントは加盟店でのみ1ポイント1円で買い物に使用可能。ポイント数に応じて景品を交換することもできる。

併せて、牛乳パックのリサイクルなど定められた資源回収に参加した場合もポイントを加算する「エコポイント」は新カードでも実施。商店会などが主催する特別イベントや催し物などでも活用する。高齢化で人手が足りない市内のイベントでボランティアとして参加した場合にも、「ボランティアポイントとしてポイントを付与する予定」(同)とも。

くにたちカード1月22日(木)再スタート

多摩情報ランキング

【八王子】「八王子ラーメン」の系譜を知る市民講座開講へ-講師に命名者・滝井延二郎さんも 

「八王子ラーメン」の系譜を知る市民講座開講へ-講師に命名者も八王子経済新聞
八王子市生涯学習センター川口分館(八王子市川口町)で2月22日、八王子のご当地ラーメン「八王子ラーメン」をテーマにした市民講座「『八王子ラーメン』を知ろう~誕生からまちおこしへ」が行われる。

「八王子ラーメン」は濃いめのしょうゆスープに刻んだ生玉ネギがトッピングされているご当地ラーメン。一説では、昭和30年代に市内のラーメン店「初富士」(中野上町4)で誕生し、その後、市内に広またとされる。

同講座では「八王子ラーメン」の命名者で、ラーメンの開発にも携わったという尾張屋滝井製麺所(子安町1)の滝井延二郎さんがラーメン誕生の歴史や特徴を解説するほか、ラーメンでまちおこしをしようと市職員や市内の大学生らで結成された「八麺会」が、八王子ラーメンを使ったまちおこしの活動について説明を行う。八麺会はこれまで、市内のラーメン店を写真入りで紹介した「八王子らーめんマップ」の制作・配布を手掛けるほか、八王子ラーメンをテーマにしたホームページも運営している。
  • 日時:2月22日(日)午後2時~4時
  • 費用:無料
  • 定員:70名(応募多数の場合抽選)
  • 申し込み:①往復はがきに「八王子ラーメン」と住所、氏名、電話番号、返信面の宛て名を書いて当館へ。2月5日(木)〔必着〕です。②電子申請をする方は、1月4日(日)~2月5日(木)迄に、申請してください。

八王子ラーメン - 八麺会
生涯学習センター川口分館

多摩情報ランキング

【その他】京王電鉄、鉄道事業の取り組みを冊子に-京王線の各駅などで配布 

京王電鉄、鉄道事業の取り組みを冊子に-京王線の各駅などで配布八王子経済新聞
京王電鉄は昨年末から、同社の鉄道事業の取り組みをまとめた冊子「To be Your Best あなたにとって、いちばんの電車になるために」の配布を開始した。

同社は昨年6月から、駅や電車内で同名のポスター掲示を展開。同社が行っている鉄道事業の安全性やバリアフリー化、環境への取り組みなどを月替わりで紹介してきた。今回、これらのものをまとめるかたちで冊子化した。

冊子はオールカラー。駅構内や駅周辺を中心に、説明に合ったシチュエーションの写真を見出しとして使った。「手に取って、どなたでも見て楽しめるよう、京王線・井の頭線の沿線各所で撮影した写真をメーンに構成した」(同社)。解説部分にも写真や図、グラフを多用し、わかりやすい表現に工夫を凝らした。

仕様はB5判変形で、全44ページ。京王線、京王井の頭線の全69駅で配布している。

小冊子「To be Your Best あなたにとって、いちばんの電車になるために。」を発行
京王グループ

多摩情報ランキング

【町田】南町田の家具店「クラスティーナ」が本店移転-展示スペースも拡大 

南町田の家具店「クラスティーナ」が本店移転-展示スペースも拡大町田経済新聞
シンプル&モダン家具専門店「クラスティーナインターファニチャー」(町田市鶴間)は12月27日、東名高速道路・横浜町田IC近くに南町田本店(町田市鶴間、TEL 042-788-3777)を移転オープンした。

同社は2001年、南町田に1号店をオープン。「統一された空間をつくれる家具だけを、最高のコストパフォーマンスで提供する」(同社)ことをコンセプトに商品を取りそろえる。現在は目黒や広尾などを含め9店舗を展開。

新店舗は、1階に駐車場、2~3階に約1,000平方メートルの展示スペース、4階にヘッドオフィスを備える。明るく開放的な展示スペースには、実際の部屋をイメージした空間を設け、各シリーズの家具や雑貨、カーテンなどをディスプレー。大型モニターでは、実際の図面を元に家具を配置した3Dシミュレーションを無料で実施する。

緊急開催!クラスティーナ初のビッグセール!
シンプルアンドモダン家具の店 クラスティーナインターファニチャー 家具インテリア・モダン

多摩情報ランキング

【立川】命の大切さ訴え 立川で映画「余命」特別試写会 

命の大切さ訴え 立川で「余命」特別試写会MSN産経ニュース
女性の健康フォーラムなど地域に密着した予防医学を推進しているNPO法人マザーシップ(井上裕子代表)が29日、立川市の映画館で乳がんと妊娠をテーマにした映画「余命」(生野慈朗監督)の特別試写会を開催する。

映画を通じて命の大切さを訴えようと、マザーシップが昨年11月に初めて開いた「Movie In Education」(M・I・E)の第2弾。2月7日に全国公開される「余命」を先行試写し、合わせて同市内で産婦人科医として活躍する井上代表のトークも行われる。

映画は松雪泰子主演。椎名桔平ら出演。38歳の女医が結婚10年目に妊娠した直後、結婚前に患った乳がんが再発。出産か、治療専念か。原作は谷村志穂の同名小説。

会場は、シネマシティかシネマツー。70人(ペア85組)招待。応募はM・I・E参加希望と明記し、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、1人で参加の場合は参加1人と記入し、はがきで〒190-0013立川市富士見町1の26の9、NPO法人マザーシップ事務局か、メール(mail:event@inoue-ladies.jp)。22日締め切り。応募多数の場合は抽選。

NPO法人マザーシップ
映画「余命」公式サイト
「余命」谷村志穂

多摩情報ランキング

【八王子】高尾山の草木や花、ユーモア交え紹介「ぽれぽれ高尾山観察記」 

高尾山の草木や花、ユーモア交え紹介読売新聞
高尾山で出会える草木や花などを紹介する観察記を、八王子市の電子技術者、黒木昭三さん(70)が出版した。「ぽれぽれ高尾山観察記」(けやき出版)。「遊び心」をテーマに、自ら撮った写真をふんだんに使いながら独自の視点でユーモアを交えてつづる。「高尾山は毎年、新しい花に出会える不思議な所。その魅力を多くの方に知ってもらえたら」という。

高尾山の植物は1300種類を超えると言われる。「宝の山」と呼ぶ黒木さんは、休日にはほぼ通い詰め、山歩きに費やしている。

観察記では約180種類の植物を取り上げた。「ぽれぽれ」とはスワヒリ語で「のんびり、ゆっくり」の意味。タイトル通りじっくり草木と向き合い、「一つひとつ観(み)て感じたままを書いた」という。

前書きで黒木さんは「ホタルブクロやハンショウヅルなどの花は、なぜ下向きに咲くのだろうか?」と問いかける。「雨からオシベ、メシベを守るため、では面白くない。上向きだと余計なエネルギーが要るし、そんな余分な予算の持ち合わせがないから(略)などなど……珍回答は遊び心でいくらでも導き出せる」

冬は花が途切れる季節だが、十分に楽しめるという。黒木さんのお薦めは、シモバシラという名の植物にできる造形美豊かな霜柱や、葉の落ちた茎や枝に残された跡「葉痕(ようこん)」。葉痕には様々な「顔」のような模様が見える。観察記ではクズの葉痕を、「クズ王国」と銘打って紹介。立派なひげを生やした国王や、居眠りする国会議員、酒飲みの国民などに見立てた11種類の「顔ぶれ」が登場する。

掲載した写真は三百数十点。「少しでも良い、旬のカットを」と3年かけて撮り、校了の直前まで差し替えを続けたという。「専門外の一ハイカーがあくまで独断と偏見で書きました」と黒木さん。各植物の基本データも調べて載せている。

ぽれぽれ高尾山観察記―遊び心で探す自然のたからもの

多摩情報ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。